A-plus(アプラス)
| Home Advanced Search Login |

利用上の注意
  • 青森県立保健大学の研究者や大学院生等の研究成果・教育資源等を無料で公開するものです。
    著作権は著者または出版者が保持しております。
    詳しくは、運用指針(PDF)をご覧ください。
  • 利用ガイド(PDF)

インデックスツリー

論文登録について

リンク

詳細



閲覧数:1872
ID AA12499483-00040001-0029
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AA12499483-00040001-0029.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 3.8 MB
Last updated : Feb 27, 2013
Downloads : 893

Total downloads since Feb 27, 2013 : 893
タイトル Development of a Critical Pathway for Diabetes Care within Home Care Nursing for the Elderly - Development of a Proposed Critical Pathway and the Results of a Trial Using it -
別タイトル
Development of a critical pathway for diabetes care within home care nursing for the elderly : Development of a proposed critical pathway and the results of a trial using it
著者
細川, 満子 (Hosokawa, Mitsuko)
青森県立保健大学健康科学部 (Aomori University of Health and Welfare)
publisher
出版地 青森
出版者 日本ヒューマンケア科学学会
上位タイトル
日本ヒューマンケア科学会誌 (Journal of Japan Academy of Human Care Science). Vol.4, No.1  (2011. 3) ,p.29- 40
識別番号
ISSN
1882-6962
抄録 The purpose of this study was to develop a proposed critical pathway (CP) for diabetic care in home care
nursing for the elderly and examine the possibilies for its use. . The following 3-Step were contained in the
methodology; [Step 1: Survey of home care nursing records and interview survey of visiting nurses], [Step2: Development of a proposed CP and method of reaching a consensus with experts], [Step 3: Trial application of the developed proposed CP]. 42 visiting nurses participated and used the proposed CP as a trial and their evaluations of the 12 endpoints are presented. As a result these 4 endpoints accounted for 60 ~70% of the
total responses, "effect on the prevention of acute diabetic complications", "implementation of diabetic care needed", "use for the evaluation of diabetic care" and "thorough assessment of diabetic care";. The endpoints with lowest rates of responses were "reduction in time for keeping nursing records" (11.9%) followed by
"applicability of a care protocol (including the CP) in the station" (28.6%) and "promotion of collaboration
with professionals from other fields" (33.3%).Based on the above results, the usefulness of the developed CP
for diabetic care was evaluated highly. The above results suggest that the CP developed in the present study can be applied if the process of diabetic care in home care nursing for the elderly and its endpoints of the CP are refined, and also if the roles of medical institutions and home care nursing are clarified.
本研究は訪問看護師の糖尿病ケアの標準化に向けて、高齢者訪問看護における糖尿病ケアのクリティカルパス(CP)原案を開発するとともに、その適用可能性について検討することを目的とした。 CP原案は縦軸に「血糖値に関する問題の解決」、「薬物管理」、「血糖モニタリング」、「合併症のリスク管理」、「食事」、「身体活動」、「心理社会適応」の7つのケア領域、横軸にケアプロセスを設定した。訪問看護師42名にCP原案を試用してもらいアンケート調査を行った結果、「糖尿病急性合併症の予防の効果」、「必要とされる糖尿病ケアの実施」、「糖尿病ケアの評価への活用」について約70%の訪問看護師が有用であると評価した。一方、「看護記録の記録時間の短縮」11.9%、「ステーションでのCPの活用可能性」28.6%、「他職種との連携の促進」33.3%と評価が低かった。以上のことから、CP原案の試用により糖尿病ケアの有用性は示されたが、 CPの項目の精練化、アセスメントおよびケアの頻度、医療機関と訪問看護の役割の明確化の必要性が示唆された。
キーワード
diabetes
the elderly
home care nursing
critical pathway
糖尿病
高齢者
訪問看護
クリティカルパス
言語
eng
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / その他の学術雑誌掲載論文
関連アイテム


|
サービス休止のお知らせ
|
* 下記の期間、電気設備法定点検のため青森県立保健大学リポジトリA-plusをご利用いただけません。ご了承ください。
 停止日時:平成29年9月15日(金)17:00〜9月19日(火)9:00
|
全文検索
|
  
     詳細検索