A-plus(アプラス)
| Home Advanced Search Login |

利用上の注意
  • 青森県立保健大学の研究者や大学院生等の研究成果・教育資源等を無料で公開するものです。
    著作権は著者または出版者が保持しております。
    詳しくは、運用指針(PDF)をご覧ください。
  • 利用ガイド(PDF)

インデックスツリー

論文登録について

リンク

詳細



閲覧数:2865
ID AA12499483-00020001-0057
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AA12499483-00020001-0057.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 7.0 MB
Last updated : Nov 18, 2010
Downloads : 2537

Total downloads since Nov 18, 2010 : 2537
タイトル 日本における法看護学教育カリキュラムの検討
著者
山田, 典子 (Yamada, Noriko)
青森県立保健大学健康科学部
[外部リンク]青森県立保健大学 教員紹介
山本, 春江 (Yamamoto, Harue)
青森県立保健大学健康科学部
[外部リンク]青森県立保健大学 教員紹介
リボウィッツ, よし子 (Leibowitz, Yoshiko)
青森県立保健大学健康科学部
[外部リンク]青森県立保健大学 教員紹介
publisher
出版地 青森
出版者 日本ヒューマンケア科学学会
上位タイトル
日本ヒューマンケア科学会誌 (Journal of Japan Academy of Human Care Science). Vol.2, No.1  (2009. 3) ,p.57- 64
識別番号
ISSN
1882-6962
抄録 法看護学に関連する文献やWeb資料,および,内閣府や民間シェルター等の刊行物で被害事例報告等を扱ったものより法看護学教育カリキュラムの構築をめざした.
法看護学は,人々の健康に関与する法的な分野に看護ケアが介入することで,それに必要な看護の社会的役割を法律,社会学,法医学,犯罪学,精神医学,公衆衛生学等の様々な見地より検討し,その結果を看護実践モデルに統合するものである.
法看護学は,人間とその行動を主たる研究のドメインとするがゆえに,学問として立脚する社会や文化によって,その社会的要請内容は異なることになる.疾病や外傷は看護職が日常業務の対象とし,ケアを提供するきっかけとなるものである.法看護学的アプローチにより,疾病・外傷の直接ならびに間接的原因について,故意・過失を含むあらゆる可能性を念頭に置いた検討を加える.このことにより,患者の擁護と,権利を一層的確に護り,質の高い看護ケアを提供できる.
本研究の結果,大学等の研究教育機関において,人々の健康に関与する法的な分野における看護ケアの質を高めるためには,法看護学教育カリキュラムの構築が急がれ,それに基づき専門性の高い教育を提供できることが示唆された.
This study aimed to clarify the state of currently existing forensic nursing curricula in university education in Japan.
Forensic nursing is an component of health sciences, where multi-faceted social dimensions of nursing care should be studied, discussed and integrated into a practical model of human care. Said multifaceted dimensions are specifically connected to geographical area, forensic medicine, criminology, psychiatrics, public health, sociology and other topics related to the social implications of nursing.
Social demands on forensic nursing is recognized as a socio-cultural sensitive issue due to the fact that the focus of this science is mainly on human behaviour, which often varies depending on differences in socio-cultural background.
Diseases and injuries are taken up as an entry point for total human care being practiced by nursing professionals. Elaboration is often needed to utilize the forensic approach for nursing professionals, who are at the front-line of health care in handling these common situations. Clients' human rights and dignity should be protected through high quality nursing care particularly on those occasions where the nursing professionals suspect intentional conduct and/or negligence as the cause of the pathological conditions and damage.
The results revealed that fundamental components of this science are already included in the existing curricula at various higher education institutes in Japan. However, it is suggested that learners would further benefit from better exposure to practical skills and knowledge relating to professional forensic nursing. Therefore, additional module development to provide specialized topics in forensic nursing
together with the theoretical background is recommended.
キーワード
法看護学
看護教育
カリキュラム
司法精神看護
性暴力被害看護
注記 著作権は著者および日本ヒューマンケア科学学会にあります。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / その他の学術雑誌掲載論文
関連アイテム


|
全文検索
|
  
     詳細検索