A-plus(アプラス)
| Home Advanced Search Login |

利用上の注意
  • 青森県立保健大学の研究者や大学院生等の研究成果・教育資源等を無料で公開するものです。
    著作権は著者または出版者が保持しております。
    詳しくは、運用指針(PDF)をご覧ください。
  • 利用ガイド(PDF)

インデックスツリー

論文登録について

リンク

詳細



閲覧数:195
ID AA11913394-00170000-0007
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AA11913394-00170000-0007.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.4 MB
Last updated : Jun 19, 2017
Downloads : 158

Total downloads since Jun 19, 2017 : 158
タイトル 看護技術習得のために作成した視聴覚新教材の評価 −学習活動に対する自己評価の変化から−
別タイトル
看護技術習得のために作成した視聴覚新教材の評価 : 学習活動に対する自己評価の変化から
Evaluation of Arranged Audiovisual Materials for acquisition of Nursing Skills - Change of Self-evaluation about Learning Behavior -
Evaluation of Arranged Audiovisual Materials for acquisition of Nursing Skills : Change of Self-evaluation about Learning Behavior
著者
市川, 美奈子 (Ichikawa, Minako)
青森県立保健大学健康科学部看護学科
小池, 祥太郎 (Koike, Shotaro)
青森県立保健大学健康科学部看護学科
沼田, 祐子 (Numata, Yuko)
青森県立保健大学健康科学部看護学科
小林, 昭子 (Kobayashi, Akiko)
青森県立保健大学健康科学部看護学科
福井, 幸子 (Fukui, Sachiko)
青森県立保健大学健康科学部看護学科
藤本, 真記子 (Fujimoto, Makiko)
青森県立保健大学健康科学部看護学科
木村, 恵美子 (Kimura, Emiko)
青森県立保健大学健康科学部看護学科
角濱, 春美 (Kadohama, Harumi)
青森県立保健大学健康科学部看護学科
出版地 青森
出版者 青森県立保健大学研究推進・知的財産センター研究開発科委員会大学雑誌チーム
上位タイトル
青森県立保健大学雑誌 (Journal of Aomori University of Health and Welfare). Vol.17, (2017. 3) ,p.7- 14
識別番号
ISSN
1349-3272
抄録  本研究の目的は,看護技術習得のために作成した視聴覚教材の評価を,学習活動の自己評価の変化から明らかにすることである。従来教材に技術実施時の重要な要素やコツが分かる画像解説を加えた新教材を作成し,自己学習活動の変化を比較検討した。
 対象は,従来教材と新教材の両方を使用した2013 年度の1年生,新教材を使用した2014 年度の1年生の2学年である。
 調査は実技試験終了後に行われ,その内容は視聴覚教材については「予習,復習,実技試験に役立ったか」「分かりやすさ」をたずね,学習活動は宮芝らの「学習活動自己評価尺度−看護技術演習用−」36 項目を用い,それぞれ5段階リッカート法で行った。
 結果は,従来教材で学んだ2013 年度生の自己評価より,新教材で学んだ2014 年度生の自己評価が全ての項目で有意に高かった。従来教材と新教材の両方で学んだ2013 年度生は,新教材使用時の自己評価が全ての項目で有意に高かった。
 看護技術の重要な要素やコツ等を加えた新教材は学生の学習活動の促進に効果的であることが示唆された。
 This purpose of study is to demonstrate that audiovisual materials promote to change of selfevaluation about learning behavior among nursing students for acquiring nursing skills. We have created new materials (as opposed to conventional materials) and added image commentary which shows as an important factor or knack in nursing practice, and compared the usefulness and students' self-evaluation in their learning behavior.
 The subjects were first-year students in the academic year 2013 (these students used conventional and new materials) and first-year students in the academic year 2014 (who used only new materials).
 The surveys were carried out after practical examination, and conducted as follows : for the usefulness of audiovisual materials, the questions about whether they were useful in preparing and reviewing their courses and in practical examinations and of whether they were easy to understand were performed using the 5-point Likert scale;their learning activities were evaluated with the 36 items of "the self-evaluation scale of learning behaviors in nursing skills laboratories" using same one.
 The self-evaluation of students in the 2014 was significantly higher than that of students in the 2013 in every item. In students in the 2013, self-evaluation when using new materials was significantly higher in every item.
 The above suggested that the new materials that had created, such as an important factor or knock for nursing skills, were effective for promotion of students' learning behavior.
キーワード
看護技術
自己学習支援
視聴覚教材
学習活動自己評価尺度
nursing skills
support for self-learning
audiovisual materials
the self-evaluation scale of learning behaviors in nursing skills laboratories
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
著者版フラグ publisher
Index
/ Public / 青森県立保健大学雑誌 / 第17巻
関連アイテム


|
全文検索
|
  
     詳細検索