A-plus(アプラス)
| Home Advanced Search Login |

利用上の注意
  • 青森県立保健大学の研究者や大学院生等の研究成果・教育資源等を無料で公開するものです。
    著作権は著者または出版者が保持しております。
    詳しくは、運用指針(PDF)をご覧ください。
  • 利用ガイド(PDF)

インデックスツリー

論文登録について

リンク

詳細



閲覧数:520
ID AA11913394-00160000-0031
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AA11913394-00160000-0031.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.4 MB
Last updated : May 20, 2016
Downloads : 424

Total downloads since May 16, 2016 : 424
タイトル パーキンソン病と農薬ばく露に関するアンケート調査
著者
尾崎, 勇 (Ozaki, Isamu)
青森県立保健大学健康科学部理学療法学科, 一部事務組合むつ総合病院 (Department of Physical Therapy, Faculty of Health Sciences, Aomori University of Health and Welfare, Department of Medicine, Mutsu General Hospital)
神成, 一哉 (Kannari, Kazuya)
青森県立保健大学健康科学部理学療法学科, 一部事務組合むつ総合病院 (Department of Physical Therapy, Faculty of Health Sciences, Aomori University of Health and Welfare, Department of Medicine, Mutsu General Hospital)
馬場, 正之 (Baba, masayuki)
一部事務組合むつ総合病院, 青森県立中央病院神経内科 (Department of Medicine, Mutsu General Hospital, Department of Neurology, Aomori Prefectural Hospital)
出版地 青森
出版者 青森県立保健大学研究推進・知的財産センター研究開発科雑誌編集専門部会
上位タイトル
青森県立保健大学雑誌 (Journai of Aomori University of Health and Welfare). Vol.16, (2016. 3) ,p.31- 36
識別番号
ISSN
1349-3272
抄録 【目的】パーキンソン病患者において,発病の危険因子と考えられている農薬ばく露について調査すること。
【方法】2013 年7 月から11 月の間にA 県S 地方のM総合病院の神経内科外来に通院している患者に農薬ばく露に関するアンケート調査を実施した。調査票回収後にパーキンソン病(PD 群)とパーキンソン病以外の神経疾患(Non-PD 群)の2 群に分類して解析を行った。【結果】PD 群56 名(男性14 名,女性42 名,平均年齢74.1±9.9 歳(平均±標準偏差)),Non-PD 群81 名(男性29 名,女性52 名,平均年齢64.1±16.8 歳)であった。農薬ばく露スコア(最高点が8 点)の平均値はPD 群3.2±2.6 で,Non-PD 群1.9±2.2 で,2 群間で平均値も分布の型も統計学的に有意に異なっていた。PD 群では農業従事者の比率が高く,農薬ばく露の頻度が高かった。
【結論】A 県S 地方ではパーキンソン病患者に占める農業従事者の比率,農薬ばく露の頻度ともに高かったことから,農薬ばく露がパーキンソン病発病の危険因子の1 つであることが確認された。
【Purpose】We conducted a questionnaire survey on exposure to agricultural chemicals and risk of
Parkinson disease.
【Methods 】A short form of agricultural chemicals exposure questionnaire was developed. The questionnaire was administered to all patients who visited the outpatient clinic of Neurology, M General
Hospital in the S district of A prefecture, between July 1 and November 30, 2013. The collected questionnaires were divided into two groups based on the clinical diagnosis of the patients; Parkinson
disease (PD) group and other neurological diseases (Non-PD) group.
【Results 】PD group consisted of 56 patients (14 males, 42 females; mean age: 74.1±9.9 years (mean±standard deviation)).Non-PD group included 81 patients(29 males, 52 females; mean age: 64.1±16.8 years). The mean value of agricultural chemicals exposure score (the maximum score is 8) for PD group was 3.2±2.6 and that for Non-PD group, 1.9±2.2 ; The mean value and a pattern of distribution for agricultural chemicals exposure score differed between the two groups. In PD group, the ratio of the
farmer was high compared to Non-PD group and thereby, the incidence of agricultural chemicals exposure also was high.
【Conclusions】We found that, in the S district of A prefecture, the ratio of the farmer and the incidence of
agricultural chemicals exposure are high in patients with PD and confirmed that agricultural chemicals
exposure is one of the risk factors for PD.
キーワード
パーキンソン病
農薬
殺虫剤
除草剤
Parkinson disease
Pesticide
Herbicide
Agricultural chemicals
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
著者版フラグ publisher
Index
/ Public / 青森県立保健大学雑誌 / 第16巻
関連アイテム


|
全文検索
|
  
     詳細検索