A-plus(アプラス)
| Home Advanced Search Login |

利用上の注意
  • 青森県立保健大学の研究者や大学院生等の研究成果・教育資源等を無料で公開するものです。
    著作権は著者または出版者が保持しております。
    詳しくは、運用指針(PDF)をご覧ください。
  • 利用ガイド(PDF)

インデックスツリー

論文登録について

リンク

詳細



閲覧数:445
ID AA11913394-00160000-0013
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AA11913394-00160000-0013.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.8 MB
Last updated : May 20, 2016
Downloads : 463

Total downloads since May 16, 2016 : 463
タイトル 随意的深呼吸時の運動誘発電位に, 運動イメージの想起が及ぼす影響-経頭蓋磁気刺激を用いた検討-
別タイトル
随意的深呼吸時の運動誘発電位に, 運動イメージの想起が及ぼす影響 : 経頭蓋磁気刺激を用いた検討
著者
長岡, 孝則 (Nagaoka, Takanori)
山形県・酒田市病院機構日本海総合病院リハビリテーション室 (Department of Rehabilitation, Nihonkai General Hospital)
岩部, 達也 (Iwabe, Tatsuya)
青森県立保健大学大学院健康科学研究科健康科学専攻理学療法学分野 (Doctorate Program in Physical Therapy, at the Graduate School of Health Sciences, Aomori University of Health Sciences)
尾崎, 勇 (Ozaki, Isamu)
青森県立保健大学健康科学部理学療法学科 (Department of Physical Therapy, Faculty of Health Sciences, Aomori University of Health and Welfare)
出版地 青森
出版者 青森県立保健大学研究推進・知的財産センター研究開発科雑誌編集専門部会
上位タイトル
青森県立保健大学雑誌 (Journai of Aomori University of Health and Welfare). Vol.16, (2016. 3) ,p.13- 22
識別番号
ISSN
1349-3272
抄録 【目的】運動イメージの想起および随意的深呼吸により,呼吸に関与しない手指筋に至る皮質脊髄路の興奮性がどのように変化するかを検討すること。【方法】対象は健常男性成人10 名。経頭蓋磁気刺激 (TMS) により左運動野を刺激し,右第一背側骨間筋 (FDI) から運動誘発電位 (MEP) を記録した。1) 短編小説を読む,2) 右示指外転運動を想起する,2 セッションを設定し,それぞれの安静呼吸時および随意的深呼吸時の呼息,吸息相でMEP を測定し,その振幅と潜時について解析した。
【結果】読書よりも運動イメージ想起のセッションで,また安静呼吸に比べ随意的深呼吸で,MEP振幅は有意に増大し,MEP 潜時は短縮した。読書および運動イメージ想起の各セッションで計測したMEP 振幅,潜時のいずれにおいても,呼吸相では有意な差は認められなかった。【結論】随意的深呼吸と運動イメージの想起はいずれも一次運動野から手指筋に至る皮質脊髄路の興奮性を高める。
【Purpose】We investigated whether motor imagery or voluntary deep breath influences excitability of the corticospinal pathways projecting to nonrespiratory finger muscles.
【Methods】Ten healthy young men participated in the experiment.Motor evoked potentials (MEP) were recorded from the right first dorsal interosseous muscle (FDI) after transcranial magnetic stimulation(TMS) over the left hand motor area during an inspiratory or expiratory phase of both quiet breath and voluntary deep breath.Also, all participants were instructed to be fully involved in reading a short novel (reading session) or to imagine himself moving his right index finger (motor imagery session).
【Results】The mean MEP amplitudes increased and the mean MEP latencies shortened significantly during both motor imagery session and voluntary deep breath session.No significant difference in the mean MEP amplitudes or latencies was observed between inspiratory and expiratory phases during either quiet breath sessions or voluntary deep breath sessions with or without motor imagery.
【Conclusions】These results suggest that both motor imagery and voluntary deep breath enhance excitability of the corticospinal pathways projecting to nonrespiratory finger muscles.
キーワード
Transcranial magnetic stimulation
第一背側骨間筋
運動皮質興奮性
運動イメージ
随意的深呼吸
TMS
FDI
excitability of motor cortex
motor imagery
voluntary deep breath
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
著者版フラグ publisher
Index
/ Public / 青森県立保健大学雑誌 / 第16巻
関連アイテム


|
全文検索
|
  
     詳細検索