A-plus(アプラス)
| Home Advanced Search Login |

利用上の注意
  • 青森県立保健大学の研究者や大学院生等の研究成果・教育資源等を無料で公開するものです。
    著作権は著者または出版者が保持しております。
    詳しくは、運用指針(PDF)をご覧ください。
  • 利用ガイド(PDF)

インデックスツリー

論文登録について

リンク

詳細



閲覧数:770
ID AA11913394-00160000-0001
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AA11913394-00160000-0001.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.7 MB
Last updated : May 20, 2016
Downloads : 1347

Total downloads since May 16, 2016 : 1347
タイトル 看護師のストレスに対するリラクセーション技法を用いたセルフケアマネジメント
著者
山本, 加奈子 (Yamamoto, Kanako)
日本赤十字広島看護大学 (Japanese Red Cross Hiroshima College of Nursing)
木村, 恵美子 (Kimura, Emiko)
青森県立保健大学健康科学部看護学科 (Aomori University of Health and Welfare)
柴田, 麻由子 (Shibata, Mayuko)
あおもり協立病院 (Aomori Kyouritsu Hospital)
出版地 青森
出版者 青森県立保健大学研究推進・知的財産センター研究開発科雑誌編集専門部会
上位タイトル
青森県立保健大学雑誌 (Journal of Aomori University of Health and Welfare). Vol.16, (2016. 3) ,p.1- 11
識別番号
ISSN
1349-3272
抄録 【目的】看護師が自身のストレスに対するセルフケアマネジメントの効果を検討する。
【方法】対象は病院勤務の看護師、コントロール群(リラクセーション技法の集団教育)27 名、介入群(集団教育+アロママッサージ、リンパドレナージ)13 名であった。介入前後に3 種類の質問紙調査と自由記載を求めた。統計解析および質的帰納的に分析した。倫理審査委員会の承認を得て、自由意思での参加を求め、プライバシーを遵守して行なった。
【結果】GHQ28 は介入群で「身体的症状」「社会的活動障害」「うつ傾向」の改善に有意差があった。Brief COPE はコントロール群で「気晴らし」に有意差があった。職務満足度は両群とも有意差はなかった。自由記載は両群共通して【心身ともに癒される】【自己・他者へのケアリングのきっかけ】のカテゴリーが見出された。
【考察】リラクセーションは、自身で行うもの、他者の手を介するもの、それぞれに有効な効果があると考
えられた。セルフケアマネジメントとして継続への支援が必要である。
【Purpose】To examine the effects of self-care management for stress on nurses working in hospitals.
【Method】Nurses who participated in the study were divided into two groups, a control group(27nurses) and an intervention group(13nurses). The control group was given instruction in relaxation methods, while the intervention group was given instruction as well as administered aromatherapy treatments and lymphdrainage treatments by therapists.
All participants filled out surveys before and after the interventions they received. Surveys consisted of Scaled General Health Questionnaire-28(GHQ-28),Brief COPE, job satisfaction and self evaluations. Data analysis was first performed using descriptive statistical analysis of all variables. A univariate analysis was performed to determine the effect of the interventions (p<0.05). The qualitative data were then categorized appropriate1y. All participants provided consent for the study. The study was also approved by ethics review committees of both the participating hospital and Aomori University of Health and Welfare.
【Results】Somatic symptoms, social dysfunction, and severe depression were identified among the intervention group by GHQ-28. The Brief COPE provided significant differences between the groups. There were no significant differences between groups when comparing pre- and post-intervention survey data. The qualitative data regarding participants’ perceptions regarding the interventions they had received were classified under the following categories : "I was completely healed" and "I'm able to better care for myself and others".
【Discussion】Each of relaxation care by own self or using therapist' s hands was suggested that had an effect to alleviate the stress. But, it needs to support to continue for self-care management.
キーワード
リラクセーション
セルフケアマネジメント
ストレス
アロマセラピー
リンパドレナージ
Relaxation
Self-care management
Stress
Aromatherapy
Lymphdrainage
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
著者版フラグ publisher
Index
/ Public / 青森県立保健大学雑誌 / 第16巻
関連アイテム


|
全文検索
|
  
     詳細検索