A-plus(アプラス)
| Home Advanced Search Login |

利用上の注意
  • 青森県立保健大学の研究者や大学院生等の研究成果・教育資源等を無料で公開するものです。
    著作権は著者または出版者が保持しております。
    詳しくは、運用指針(PDF)をご覧ください。
  • 利用ガイド(PDF)

インデックスツリー

論文登録について

リンク

詳細



閲覧数:5674
ID AA12499483-00060001-0001
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AA12499483-00060001-0001.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.2 MB
Last updated : Jun 15, 2015
Downloads : 19673

Total downloads since Jun 15, 2015 : 19673
タイトル 看護における「傾聴」の概念分析
著者
長尾, 雄太 (Nagao, Yuta)
青森県立保健大学大学院健康科学研究科博士前期課程
出版地 青森
出版者 日本ヒューマンケア科学学会
上位タイトル
日本ヒューマンケア科学会誌 (Journal of Japan Academy of Human Care Science). Vol.6, No.1  (2013. 3) ,p.1- 10
識別番号
ISSN
1882-6962
抄録  本研究の目的は、看護における傾聴の概念が持つ特性を明らかにすることである。「傾聴」をタイトル、抄録に含む40文献をRodgersの手法を用いて概念分析を行い、属性、先行要件、帰結について検討した。その結果、傾聴の先行要件には、患者がストレスを抱えていること、看護師が傾聴の必要性を判断し環境を整えることが挙げられた。属性は、看護師が患者に共感し受容することであり、コミュニケーションの構成要素、ケアの基本として位置付けられていた。傾聴の帰結として、患者−看護師間の信頼関係構築により、患者の問題解決に向けた行動へと至ること、看護師は患者への理解が深まることで必要なケアの提供が可能となることが示された。さらに、看護師にとっては傾聴によりアイデンティティが強化される一方、患者の辛さや苦しさを傾聴することで、看護師が情緒的に巻き込まれる危険性があることが示唆された。
キーワード
傾聴
概念分析
看護
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
著者版フラグ publisher
Index
/ Public / その他の学術雑誌掲載論文
関連アイテム


|
全文検索
|
  
     詳細検索